マイナー動作ではありますが、「インディアカ」という動作知っていますか?

私がざっと20階層ぐらいやる「インディアカ」という行為、還暦を目の前にした今でも一生懸命やっている。インディアカといったヤツに言っても知っているというヤツはよく数多くなくて、最近では競技人口も減ってきているという話だ。知らない人が多いのでちょっと競技の説明をします。バドミントンの着衣でウェブの高さは大抵、年配などで違いますが、大抵は2m15cm、年配といった妻は2mだ。着衣には4呼称入り、基本的にはバレーボールと同じ系統で3回で返球します。ボールはスポンジのテーブルに赤い羽根が付いていて、片手で打ち合います。アタック、不承認もあり、必死ファッションであれば大層ツライ行為で、但し、軽々しく打ち合うだけでも面白く、高齢の方も継続してできる手軽な行為だ。私がはまっている理由は、ともかくアタック、不承認の打ち合いだ。きれいにアタックが決まったステージ、先方の渾身のアタックをブロックしたときのポイントは何とも言えません。バドミントンの着衣で4ヤツとして、バレーボールに関して手軽にできるのも魅力です。提携などもあって、定期的にフェスティバルも行われ、他のチームとのレクレーションも楽しみです。徐々に還暦として、後どのくらい今のように凄い往来ができるかわかりませんが、階層相応にこれからも楽しんで続けていきたいとしている。(これはテキストとは別ですが、改行しようとENTERキーを押すと、「タスクを完了する」のようになるので改行できませんでした)

ラブリーレッグエピWケアについて