細川貂々(ほそかわ てんてん)教官

ドラマ化やDVDにもなったので、ご存知の人も多いかもしれません。細川貂々(ほそかわ てんてん)教官の「ツレがうつになりまして」を、ご紹介します。これは、スーパーエリートサラリーマンだった「ツレ」、いわゆる細川教官のご亭主が、うつ病になってしまった闘病記でもあり、家事がうつ病に、どうして接したら良いのかを描いた戯画だ。細川教官は、本当は「超」が引っ付くほどの問題スタンス。こういう戯画を読んでいると、細川教官の方がうつ病になりみたいに思えます。自虐類、怠惰、弁解ばかりで何も事項を起こさない。そうして、こんな相性の自分が大嫌い。それが細川教官だ。それに反して、ご亭主のツレは盛んで楽天的。何でも挑戦して、本職もてきぱきの先輩勤め人でした。ですが、変更で自分の取り得フィールドは全く違う部署に配属され、しかも折りからの不況で、絶対に不可能ほどに職員を減らされての本職。も、首を切られて行く友達に関してボクは残されているので、ツレは「ボクは業者に期待されている先輩です!」と、どんどん本職を頑張ります。ですが、限界を超えた本職音量って、未知のフィールドでの職業のストレスから、うつ病を発病してしまう。細川教官において、後押しの集まりだったようなツレから出た「死にたい」の台詞に、実例の重大さに気付きつつも、どういう病気かも思い付かので、接し方にも悩んでしまいます。性能、自分が稼ぐしかない!という、苦手な戯画の宣伝を始め、細川教官は見事に戯画マイホームになり、ツレもうつ病が少しずつ良くなって出向く経路を描いた戯画だ。家事がふらっとうつ病になって、どう良いのか思い付かお客様には、教本としてもためになる戯画です。