部位は甲州、奈良時代に「行基」という高僧

川原泉医師の「美貌の結果」をご紹介します。

部位は甲州、奈良時代に「行基」という高僧が、こういう甲州で考えつきを受け、薬師如来のお見かけを見たというお導きから、葡萄の木を植えたことが、甲州葡萄の入口であるというはなしから、始まります。

そうして現世。

甲州で、葡萄整備というワイン整備を通していたちっちゃなワイナリーを経営していた秋月家の、父という兄が不幸で亡くなってしまう。

ちっちゃなワイナリーも、クォリティーが素晴らしく美味しいワインを作っていたので、繁盛していました。

ただし、残る女房といった娘の菜苗だけでは、甚だ監視は成り立ちません。

なので、高僧の行基君が、秋月家に植えた、何百時代の樹齢から葡萄の精に、秋月家を支えるみたい説得し、葡萄の精が秋月家にご恩返しをします。

ところで、こういう秋月ワイナリー。

食い道楽評者が、こういう秋月ワイナリーのワインの評論をニュースに載せたことから大評判で、マネージメントが思わしくない有名酒販製造元2事務所から、そのワインを扱わせてほしいというオファーが来ます。

その内の1事務所が、オーナー自分ワイナリーに出向き、一緒に連れて行った娘が、秋月家の菜苗といった仲良くなったことから、最終的には結婚するのです。

こういうマンガのイメージは、ワインの複製法から、ワインの種類、ワインに向く葡萄と食用の葡萄とのずれなど、うだうだワインや葡萄についての知識を教えてくれるところですね。

法則洒落マンガの川原医師は、その講話の流れを乱すことなく、この知識をさりげなく盛り込むのが得意なマンガ家です。

こういう作品を掴むだけで、難しいと思いがちのワインの知識も面白く得ることができ、お勉強にもなりますよ。フェロモンサプリで人気なのはこちら